コンビニで購入可能なアマゾンギフト券

MENU

インターネット環境がなくてもコンビニでアマゾンギフト券は買える

コンビニで購入できるアマゾンギフト券

Amazonは大手通販サイトとしてよく利用されておりますが、2015年11月にアメリカのシアトルに初めて実店舗をオープンしました。Amazonはもともとインターネットで購入できる書店から始まり、現在のさまざまな商品を購入することができるショッピングモールへと発展していったのですが、これまで店舗はなくすべてインターネット内で取引されるバーチャルなビジネスとなっています。

 

このAmazonの商品を購入することができるアマゾンギフト券は現実の世界で利用できるお店はなく、ギフトカード自体を持っていてもそこに価値はありません。なぜならすべての取引はインターネット上で行われる仮想通貨だからです。

 

しかし、アマゾンギフト券はインターネットだけでなくどこにでもあるコンビニエンスストアや家電量販店などで販売されているのです。

コンビニで購入できる電子ギフト券

アマゾンギフト券を購入する方法は基本的にAmazonからアカウント登録をしクレジットカードなどで購入する方法が定番とされていますが、コンビニなどで販売されているカードタイプとシートタイプの電子ギフト券はアカウントがなくても現金にて購入することが可能です。

 

「アマゾンギフト券買取サービスに興味はあるがパソコンやインターネットは苦手」という方でもタバコやコーヒーを買うような感覚でアマゾンギフト券を購入することができます。しかし買取サービスを希望するユーザーは現金が必要なために利用しているので現金で支払いしては意味がありません。

 

そこで唯一裏技的な方法として、
コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンで使える電子マネー「nanaco」はギフト券の支払いに利用することが可能です。
つまりnanacoをクレジットカードでチャージしギフト券を購入すれば現金化に活用することができるのです。
ただしnanacoにチャージすることができるクレジットカードは限られておりますのでご確認の上ご利用ください。

 

コンビニ以外にも家電量販店やドンキホーテなどでアマゾンギフト券などの電子ギフト券は販売されておりますが、これを買取サービスに活用することができる方法が見つかり次第お伝えしていきます。


関連ページ

違法性
アマゾンギフト券買取は一般的な金券類の買取と同じ換金ですが、法律的に違法性はあるのでしょうか?
アカウント削除
アマゾンギフト券の買取サービスを利用しているとアマゾンのアカウントが削除されるケースがあります。
クレジットカード現金化との違い
アマゾンギフト券の買取サービスはクレジットカード現金化と似たような印象がありますがどのような違いがあるのでしょうか。
商品券購入
アマゾンギフト券はAmazon内でお金のように使える金券類ですがAmazonで販売されている商品券は購入できるのでしょうか?
アマゾンギフト券細則
アマゾンギフト券の換金は一般的な商品券を現金化するのと同じですがAmazonによる細則では認められている行為なのでしょうか。
メールで送ることができる
アマゾンギフト券の最大の特徴としてメールで送ることができ受け取ることが可能という点があります。 これによりアマゾンギフト券の買取はどこにいても携帯電話だけで利用できるサービスとなっています。
カードタイプのアマゾンギフト券
アマゾンギフト券買取の大半はEメールタイプが使用されていますが、コンビニなどで売られているカードタイプの換金はできるのでしょうか?