Amazonで販売されている商品券をアマゾンギフトで購入

MENU

アマゾンギフト券で商品券の購入ができるのかを検証

Amazonで商品券の購入

アマゾンギフト券はAmazonで販売されている1億点以上の商品を買うことができるナンバーワンのギフトカードですが、商品券の購入は可能なのでしょうか?

 

ギフト券でギフト券で購入することは普通に考えたらできないことだと思います。なぜならギフト券には発行元が販売する商品しか購入することができないという原則があり、

  • 図書カードは本
  • お米券は米
  • こども商品券はおもちゃ

と購入できるものが決まっているのです。

 

しかし、商品券を売買することができるチケットショップでは金券類を売ることも買うこともできます。つまりギフト券を売って、ギフト券を買うことができる店舗なのです。

 

例えば、
図書カード1万円分が手元にあり、チケットショップで換金率93%で現金化し93,000円で売却します。
そして普通切手が定価の94.5%で販売されていたので82円切手120枚分を9298円で購入しました。
この場合、図書カード1万円分が93%の現金から98.4%の切手となりました。

チケットショップでは一度現金にすることにより切手に換えることができますたが、アマゾンギフト券はAmazonで商品券を購入できるのでしょうか?

Amazonで販売されている金券類

アマゾンギフト券で商品券の購入をできるかを検証するためにAmazonで「商品券」を検索したところ以前はJCBなどのギフトカードが販売されていましたが現在はなくビール券が多く販売されていました。

 

当然、このビール券はアマゾンギフト券で購入することは可能なのですが、ちょっと変わった点に気づきました。

通常、ビール券の定価は大瓶2本1枚で766円なのですが、定価よりも10%前後高い金額で販売されていたのです。

例えば、

  • 30枚セット 販売価格25,530円 定価22,980円 111%
  • 50枚セット 販売価格41,950円 定価38,300円 109%
  • 100枚セット 販売価格83,900円 定価76,600円  109%

となっており、通常のビール券よりも高い金額となっているため普通に購入することはない商品券なのです。

 

ではこのビール券はどのような目的で購入するのかというとクレジットカード現金化目的のための商品券なのです。

 

このビール券をクレジットカード決済で購入しチケットショップで換金すれば現金化することができます。しかし通常の価格よりも高い価格で購入しなければならず、さらにチケットショップでの買取率もあり実質換金率は80%以下になることがほとんどなのです。

 

クレジットカード現金化と同じようにアマゾンギフト券でも購入することは可能なのですが買取率や手間などを考慮した場合、買取業者を利用した方が効率がよく高価買取が可能なため、ごく一部の利用者しかAmazonで商品券を購入はしません。


関連ページ

違法性
アマゾンギフト券買取は一般的な金券類の買取と同じ換金ですが、法律的に違法性はあるのでしょうか?
アカウント削除
アマゾンギフト券の買取サービスを利用しているとアマゾンのアカウントが削除されるケースがあります。
クレジットカード現金化との違い
アマゾンギフト券の買取サービスはクレジットカード現金化と似たような印象がありますがどのような違いがあるのでしょうか。
コンビニで購入
アマゾンギフト券はAmazonサイト内だけではなくコンビニなどでも購入することが可能です。
アマゾンギフト券細則
アマゾンギフト券の換金は一般的な商品券を現金化するのと同じですがAmazonによる細則では認められている行為なのでしょうか。
メールで送ることができる
アマゾンギフト券の最大の特徴としてメールで送ることができ受け取ることが可能という点があります。 これによりアマゾンギフト券の買取はどこにいても携帯電話だけで利用できるサービスとなっています。
カードタイプのアマゾンギフト券
アマゾンギフト券買取の大半はEメールタイプが使用されていますが、コンビニなどで売られているカードタイプの換金はできるのでしょうか?