魅力的な買取率で集客する買取業者

MENU

誇大広告とも取れる魅力的な買取率

ありえない買取率の業者

アマゾンギフト券の買取業者はここ数年で急増しておりどこの業者を選べばよいのか判断をすることが困難な状況となっています。

 

買取サービスを利用する誰もが高い買取率を求めており、ホームページに表記されている数字の高い業者に申し込むことがあります。

 

この買取業者のホームページというのは常に比較される対象となっており、利用者はホームページの割合を基準に選んでいると言えます。

 

そうなりますと必然的に1%でも高い数字を表記している業者に申し込みが集中することになります。悪質な買取業者はこれを狙いどこよりも高い魅力的な割合で現金化できるような内容で集客を行い営業しているのです。

 

しかし、実際に申し込んでみるとホームページの数字は最大値であり現在の買取価格は平均よりも低い水準となることを伝えられます。

 

この時点で申し込みをキャンセルする人もいれば、どうしても現金が必要なので泣く泣く換金せざるを得ないという人もおり様々ですができることならこのような業者に申し込まない方が良いでしょう。

 

ではどの時点で間違った判断をしてしまったのかといいますと、魅力的な買取率に惹かれた点が分岐点となっています。

 

誰もが高い買取率を追及するのは当然のことなのですが、現実的にはありえない誇大広告となる数字を選んでしまうことが間違いなのです。

 

ではアマゾンギフト券の買取業者で実際に現金化される割合というのはギフト券の額面に対して80%程度が相場という検証結果があります。

 

しかし多くの買取業者では90%以上の割合を示しており、その買取率で利用できると錯覚してしまいます。買取率をよく見てみると「最大」や「最高」といった最大値を表すものがある場合は数%の幅があり最大時では利用できるという意味ですが、実際に利用できる割合ではありません。

 

そのため現実的な数字としては85%程度の買取率が表記されその割合で現金化できる買取業者は比較的良心的なところと言えます。

 

もっとも質の悪い買取業者では一律で高い割合の業者です。一律の場合は「変動しない」という意味あいが一般的ですが一律93%の買取率を表記しているにも関わらず不可解な手数料が発生し80%程度に引き下げられてしまいます。

 

これは一律という安心感を逆手にとった悪質な業者ということになりますので、そういった業者には注意が必要です。


関連ページ

ホームページの印象
アマゾンギフト券の買取サイトはたくさんありますが、ホームページの印象はさまざまです。直観的に自分の好みにあったサイト選ぶのもアリです。
シュミレーション
アマゾンギフト券を現金化する際にサイトに表記されている買取率から実際の買取代金をシュミレーションすることができますので比較できます。
担当スタッフの人間性
アマゾンギフト券の買取というサービスはお金に関するサービスのためシビアになりがちです。そのため相手の人間性が信頼できるという点も判断の材料となります。
振込までの所要時間
アマゾンギフト券の現金化は買取率が重視されることが多いですが、即日振込されるかどうかの所要時間も重要な点となっています。